IFD注文のメリットについて解説。

IFD(イフダン)注文をご存じでしょうか?

IFD(イフダン)注文とは、海外FXなどで「同時に2つの注文を出すことができる」方法で、FXの応用的な注文方法です。

エントリーと決済の注文を2つ同時に出せるので、忙しい人でも利益確定を逃さずに済むという特徴があります。

上昇トレンドに対して、指値で現在のレートよりも安く買い、指値でそれよりも高く売る
下落トレンドに対して、逆指値で現在のレートよりも安く売って、指値でもっと安く売る

といった使い方をします。

例えば、現在のレートが1米ドル=120円の時、今後の相場が上がると予想しています。

IFD注文グラフ119円で指値買い注文を出して拾い、121円で利益確定というトレードです。

このように、指値で安くエントリー注文を出すとともに、指値で高く決済注文を出して利益確定させるという使い方ができるのがIFD注文です。

IFD注文のメリット

IFD注文には、「忙しくてチャートをチェックできなくてもトレードできる」や「利益確定を逃さない」というメリットがあります。

さらに、「損失を抑えられる」、「トレードが安定する」といったメリットもあります。

IFD注文は、エントリーから決済までをまとめて発注できるので、忙しくてチャートをチェックできなくても、トレードができるメリットがあります。

また、いったんIFD注文を出しておけば、相場をこまめにチェックせずに済みます。

このように、IFD注文を使うことで、トレード時間の確保が難しい人でもFXができますし、時間がある人でも効率的にトレードができるようになります。

さらにIFD注文には、利益確定を逃さずに済むというメリットもあります。

例えば、買い目線で1円の利幅を狙うケースを考えます。

1USD=120円で出した指値注文が、約定したとします。

一瞬だけ121円まで上昇したのに、あとでレートを見た時にはすでに120円まで戻っている場合があります。

この時に、IFD注文を使って、120円の指値買いと121円の指値売り注文を出せば、120円で約定すれば自動的に121円の指値売りが発注されるからです。

これで、利益を逃す心配がなくなります。

レートから離れていても稼ぐチャンスを逃さないのがIFD注文のメリットです。

また、IFD注文には、エントリー後に読みが外れた場合の損切りにも使えるというメリットがあります。

例えば、現在1USD=120円で、上昇トレンドに乗るために119円で指値買い注文を出したいと思っています。

けれども、うまく上がらずに下がってしまったらどうしようと思っています。

そんな時は、IFD注文を使って119円の指値買いと同時に118円の逆指値売りを出せば大丈夫です。

万が一トレンドが転換して下落し、118円どころか117円や116円まで暴落しても、118円で損切りが出されるので、損失は1円で済みます。

このようにIFD注文には、エントリー後に予想と反対に動いてしまった時でも損切りができるというメリットがあります。

FXの為替レートは常に変動するため、エントリーした後も相場を見続けていると、頻繁に上下する為替差損益に一喜一憂してしまいます。

それで、利益確定を早まってしまったり、損切りが遅れてしまう結果、「利益は小さく、損失は大きく」という稼げないトレーダーになってしまいます。

そこで、決済注文も合わせて出せるIFD注文を使い、エントリーする前から決済ポイントを決めておくのです。

そうすれば、相場の動きにつられて一喜一憂することがなくなり、安定したトレードができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です