ビットコイン(BTC)と仮想通貨は違いは何?どんなメリットがある?

現在、流通する仮想通貨の中でビットコイン(BTC)は最も流通量が多いことから、ビットコイン(BTC)=仮想通貨と思っている人も多いようです。

しかし、ビットコイン(BTC)と仮想通貨は同義語でなく、通貨というくくりの中に日本円やアメリカドル、ユーロなどが存在するように、ビットコイン(BTC)も仮想通貨の一種に過ぎないのです。

仮想通貨には数多くの種類があり、それぞれがコミュニティによって運用されています。

仮想通貨と電子マネーの違い

ビットコイン(BTC)は、「通貨価値をデジタルデータとして記録したもの」という点では、どちらも同じですが、電子マネーと違います。

電子マネーは各種のプリペイドカードのように、国が発行した通貨をデジタル化したものです。例えば、SuicaやPASMOは、日本円を電子マネー化したICカードです。

一方、ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨は、国や中央銀行によって発行・保証されている通貨とはまったく関係がありません。ビットコイン(BTC)と電子マネーの決定的な違いは、この様になります。

ビットコイン(BTC)のメリットとは?

ビットコイン(BTC)には、さまざまなメリットがあります。

ビットコイン(BTC)の持つ優れた3つのメリットについて、初心者の方にわかりやすくご説明します。

1.手数料がとても安い

送金手数料が格安なのが、ビットコイン(BTC)の利点です。これはビットコイン(BTC)に限ったことではなく、仮想通貨全体にいえることです。

仮想通貨であるビットコイン(BTC)では、運用コストはもちろんかかりますが、現金を扱う銀行とは比較にならないほど安く済みます。そのため、送金手数料も非常に低く抑えることができます。

例えば、10万円を海外へ送金する場合で比較してみると、銀行の場合は為替手数料と送金手数料を合わせて数千円かかりますが、ビットコイン(BTC)でしたら、送金手数料がかかるだけで、数百円で送金できます。仮想通貨には、通貨ごとの特徴があります。ビットコインのほかに、各種機能を備えたサニーコインや取引の高速性や1秒あたりに処理できる回数の多さを備えたリップルなどがあります。

2. 個人間で直接送金が可能

銀行を介する振込では、送金から着金までにタイムラグが発生します。

また、別の銀行に小切手を送ると信用調査のための時間がかかり、海外送金では、数日かかることもあります。

しかし、ビットコイン(BTC)なら、驚くほどスピーディーに送金が完了します。スピードは理論的には10分、実際40分もあれば、相手がどこにいても送金できます。

3. 世界中で同じ通貨を利用可能

例えば、アメリカドルの場合、国内の銀行での手数料は1ドルあたり3円かかります。1,000ドル分を両替した場合、手数料だけで3,000円かかります。海外へ旅行に出掛けるとき、また旅行から帰ってきて現地の通貨を日本円に両替するときのどちらにも、手数料を取られてしまいます。

しかし、ビットコイン(BTC)で支払えば、両替の手数料は要らず、決済手数料のみで済みます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です