仮想通貨とはいったい何のことですか?

「仮想通貨」と聞いたことはあるけど、よく分からない方も意外と多いのではないでしょうか?

仮想通貨取引所のbifflyerでは、下記の様に開設されています。

仮想通貨はデジタルな通貨の一種です。インターネットを通じて不特定多数の人や企業の間で物品やサービスの対価として使用でき、また専門の取引所を通じて円やドル、ユーロ、ウォンなどの法定通貨と交換することもできます。

仮想通貨は公開鍵暗号、ハッシュ関数などの暗号技術を利用することで安全性を確保しています。行われた取引はブロックという単位にまとめられ、ブロックの連鎖をブロックチェーンと呼びます。このブロックチェーン技術はほとんどの仮想通貨で用いられており、ブロックチェーン上に保存されているすべての取引データは公開・共有される仕組となっています。

https://bitflyer.com/ja-jp/virtual-currency

2017年4月より執行された『改正資金決済法』では、仮想通貨は下記の通り定義されています。

資金決済に関する法律 第2条 5

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

https://coin.z.com/jp/corp/product/cryptocurrency/

次に、仮想通貨とはいったい何なのか解説していきます。

「仮想通貨」(バーチャル・カレンシー、Virtual Currency)とは、紙幣や硬貨のような実体がなく、インターネット上でやりとりされる電子データのことです。広義の意味では、仮想通貨電子マネー、デジタル通貨なども含まれますが、狭義の仮想通貨は主に「暗号通貨」(Cryptocurrency)のことを指します。

仮想通貨の特徴について

高度な暗号技術をもつ

仮想通貨は高度な暗号技術によって成り立っていて、仮想通貨の取引データはすべて暗号技術でデジタル署名されるので、二重払いや偽造といった問題を防止し、データの正しさを担保することが可能です。

公的管理主体が不在

仮想通貨は日本円や米ドルなどの法定通貨と違い、中央政府や銀行のような公的な管理主体は存在しませんが、その代わりに、仮想通貨ネットワークをネットワークの参加者同士が管理し合うように設計されています。

現在では、ビットコインという仮想通貨で商品やサービスを購入することができる店舗やネットサービスも登場してきており、今後仮想通貨が普及してくることが想定されます。

仮想通貨は、さらに通貨(日本円、ドルなど)と仮想通貨を交換することができ、価格変動によって利益を出していく仮想通貨FXでFXの取引をすることもできます。

これから新しく仮想通貨が生まれてくると思いますが、莫大な値上がり益に期待です。例えば、RaiBlocksという新興の仮想通貨の2017年の上昇率はなんと、2924倍!0.0081ドルから23.9ドルまで2924倍まで高騰しました。

他に、jbcoin仮想通貨という仮想通貨も値上がりが期待できるのではないでしょうか?余裕資金の1万円分購入しておいても良いですし、短期もしくは長期での上昇を狙い、100万円分購入しておいても良いでしょう。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です