バイク便の使い方まとめ。

バイク便はほとんどの業者で事前登録などの必要がなく、今すぐ配達してもらいたいというときでもすぐに対応してもらえます。

依頼の流れは、簡単です。

まず業者に電話し、自分の連絡先や住所、お届け先の住所、荷物の中身や大きさなどを伝えます。

しばらく待っていると、バイク便のライダーが集荷に来てくれるので、そこで荷物を渡せばあとは送り先へと届けてくれます。会計は集荷の際に現金で支払う方法が一番多いです。中には、クレジットに対応してくれる業者もあるので集荷依頼の際に確認しましょう。一度利用すれば登録されます。住所や名前は業者の方で登録してくれるので、2回目からは電話番号のみを伝えれば利用できるので便利です。

そして、万が一運送中に荷物が破損したり紛失した場合には補償金が支払われます。しかし、この金額は業者によって大きく違うので、重要な書類や高額なものを送る場合には、セキュリティ便を利用することをお勧めします。

オプションについて

バイク便では宅配便と同じように様々なオプションサービスがあります。一つは、配達終了報告のサービスです。急ぎで届けてほしい書類の場合などは、届いたか届かないか心配ですよね。そんなことにならならないように、集配に来てくれたバイク便の方に、届いたら連絡をくれるように伝達しておきましょう。多くの業者でこのサービスは無料で行われています。配達し終わった時点で電話で連絡をくれる業者が多いですが、中にはFAXでの対応をしてくれる業者もあるのでお好みに応じて使い分けてください。

また、宅配便と同じように時間指定も多くの業者で行うことが出来ます。夜中に集荷してもらい、翌朝10時に先方に届けるというようこともできるので便利です。また、「立ち寄り」サービスは、同じ方向の宛先に複数の荷物を運んでくれるサービスです。立ち寄りで届けた荷物は普通のバイク便よりも大変お得なので、1つずつ配達する場合に比べてコストを大幅に削減することができます。また、セキュリティ便においては、暗証番号を使ってのロックしたり、GPSを使って荷物追跡をしたり、業者によって様々なシステムを使い、情報漏洩を防ぐための施策をしています。ただ一転、セキュリティ便の場合は普通のバイク便よりもサイズ制限が厳しい場合が多く注意しましょう。

緊急の場合には通常のバイク便、特急便を使うのがいいですし、多少時間に余裕があるという場合には混載便がお得です。また、宛先までの距離が近い場合には、自転車便があるのでお勧めです。業者によって料金やサービスも様々なので、どれくらいの時間でどの程度の荷物を届けたいのかを電話で伝えれば、オペレーターが最適な便を選んでくれます。また、インターネットでも業者のサービス内容が見れます。「バイク便 東京」「バイク便 神奈川」などで検索すると、多くの業者が出てきます。

業者によってはネットから集荷を頼むこともできます。手軽にバイク便を使えますね。また、頻繁にバイク便を利用することがある場合は、定期契約を結ぶのもおすすめです。

リスクリバーサルとは何?見方と注意点について。

リスクリバーサルとは、為替市場の中でも多くのユーザーがプロフェッショナルに近いオプション市場の動向(需給)から、これらの市場参加者のリスク認識がどちらかを見ているかを知る手法のことです。国内FX、海外FXでもよく使われる用語です。

オプション取引では行使価格、期間、デルタ等の条件が同じであれば理屈上はコール(買う権利)もプット(売る権利)も同じオプション料金になるはずですが、実際の市場ではこれは同額になりません。その理由は、参加者の需給が同じではないからです。

例えば、ドルが下がるというリスク認識を持っている人が多ければ下がったときに一定の価格で売ることができるプットオプションの方を取引参加者皆が欲しがることになり、プットオプションのほうの値段が高くなります。この価格差の比率がリスクリバーサルです。一般的にはコールのインプライドボラティリティからプットのインプライドボラティリティを引いたものの比率を、リスクリバーサルと言います。

リスクリバーサルとは、元もオプションの一手法の名前でした。

今、先物レートが106円の時に同じデルタのアウトオブマネーの110円のコールオプションが7円、100円のプットオプションが8円だとします。これを同時に購入すると1円が手元に帰ってきます。

そしてこのオプションは行使日のレートが、
100円から110円の時には何もおきないので最初の1円が手元に残ります。
100円以下でしたら、プットオプションが行使され、為替レートがどんなに下がっても損失が発生します。

110円以上でしたら、オプション料の他に110円で買う権利を行使してそのときのレートに市場で売ることができるので利益が出ます。

要するに、利益を得られるのは大多数の市場参加者がリスクがあると思っている方向に動いた場合に損失が出る取引です。

逆に大多数の市場参加者がドル高円安に動くと思っている場合には、上記の例の様にコールオプションの値段のほうが高くなります。

リスクリバーサルの見方と注意点について

リスクリバーサルは、そのときの市場参加者がこの先どちらに為替が動くことを心配しているかを示す一つの指標といえます。また、プラスやマイナスの値が大きければ大きいほどより一層そちらの方向に対する不安が強いといえます。

ここで注意しなければいけないのは、リスクリバーサルはそのときの参加者のリスク認識は把握できてもそれが必ずしも将来のレートの動きとは一致しないということです。

リスクリバーサルは、あくまで市場の雰囲気を把握するための指標であることを認識しておきましょう。

IFD注文のメリットについて解説。

IFD(イフダン)注文をご存じでしょうか?

IFD(イフダン)注文とは、海外FXなどで「同時に2つの注文を出すことができる」方法で、FXの応用的な注文方法です。

エントリーと決済の注文を2つ同時に出せるので、忙しい人でも利益確定を逃さずに済むという特徴があります。

上昇トレンドに対して、指値で現在のレートよりも安く買い、指値でそれよりも高く売る
下落トレンドに対して、逆指値で現在のレートよりも安く売って、指値でもっと安く売る

といった使い方をします。

例えば、現在のレートが1米ドル=120円の時、今後の相場が上がると予想しています。

IFD注文グラフ119円で指値買い注文を出して拾い、121円で利益確定というトレードです。

このように、指値で安くエントリー注文を出すとともに、指値で高く決済注文を出して利益確定させるという使い方ができるのがIFD注文です。

IFD注文のメリット

IFD注文には、「忙しくてチャートをチェックできなくてもトレードできる」や「利益確定を逃さない」というメリットがあります。

さらに、「損失を抑えられる」、「トレードが安定する」といったメリットもあります。

IFD注文は、エントリーから決済までをまとめて発注できるので、忙しくてチャートをチェックできなくても、トレードができるメリットがあります。

また、いったんIFD注文を出しておけば、相場をこまめにチェックせずに済みます。

このように、IFD注文を使うことで、トレード時間の確保が難しい人でもFXができますし、時間がある人でも効率的にトレードができるようになります。

さらにIFD注文には、利益確定を逃さずに済むというメリットもあります。

例えば、買い目線で1円の利幅を狙うケースを考えます。

1USD=120円で出した指値注文が、約定したとします。

一瞬だけ121円まで上昇したのに、あとでレートを見た時にはすでに120円まで戻っている場合があります。

この時に、IFD注文を使って、120円の指値買いと121円の指値売り注文を出せば、120円で約定すれば自動的に121円の指値売りが発注されるからです。

これで、利益を逃す心配がなくなります。

レートから離れていても稼ぐチャンスを逃さないのがIFD注文のメリットです。

また、IFD注文には、エントリー後に読みが外れた場合の損切りにも使えるというメリットがあります。

例えば、現在1USD=120円で、上昇トレンドに乗るために119円で指値買い注文を出したいと思っています。

けれども、うまく上がらずに下がってしまったらどうしようと思っています。

そんな時は、IFD注文を使って119円の指値買いと同時に118円の逆指値売りを出せば大丈夫です。

万が一トレンドが転換して下落し、118円どころか117円や116円まで暴落しても、118円で損切りが出されるので、損失は1円で済みます。

このようにIFD注文には、エントリー後に予想と反対に動いてしまった時でも損切りができるというメリットがあります。

FXの為替レートは常に変動するため、エントリーした後も相場を見続けていると、頻繁に上下する為替差損益に一喜一憂してしまいます。

それで、利益確定を早まってしまったり、損切りが遅れてしまう結果、「利益は小さく、損失は大きく」という稼げないトレーダーになってしまいます。

そこで、決済注文も合わせて出せるIFD注文を使い、エントリーする前から決済ポイントを決めておくのです。

そうすれば、相場の動きにつられて一喜一憂することがなくなり、安定したトレードができるようになります。

筋トレ効果を最大化する食事について解説。

筋トレ効果を最大化する食事について3ポイント解説します。

1. 食事のタイミング

まず1つ目は食事のタイミングです。

カラダを鍛える際、どうしてもトレーニング内容にばかりとらわれがちですが、体へ栄養補給するタイミングが重要となります。

知っておきたい食事のタイミングは、運動前・運動中・運動後の3つです。

それぞれについて解説します。

運動前は空腹状態を避けるようにします。

空腹のままトレーニングをしても、体の栄養素が足りない状態なので筋肉の維持や修復に使われる栄養素が、運動するエネルギーに代用されてしまうので、もしせっかくトレーニングしたのに効果が低減してしまうためです。

運動中は、体を動かして消費してしまう水分や糖分を補給するのが大切です。

そして運動後は、トレーニングによって傷ついた筋肉を修復するためしっかり食事を摂りたいタイミングです。

運動をした後の体はエネルギーや栄養素を大量に消費している状態なので、栄養をしっかり摂取することで体に吸収されます。中でも特に運動後45分以内に食事やプロテインを摂取するのが好ましいと言われています。

2. 食事メニュー

2つ目は食事メニューです。

「何を食べるか」ということであり、食事のタイミングに合わせて、それぞれ何を食べると良いかを見ていきましょう。

運動前にぜひ摂取したいのが、必須アミノ酸と糖質です。

必須アミノ酸は体の中で作ることができないので、食事で摂取する必要があります。

また、糖質は筋肉を成長させる上で重要です。

タンパク質を豊富に含んだバランスの良い食事を摂るのも良いですし、アミノ酸と糖質を含んだプロテインなどを摂取するのもおすすめです。

運動中に摂取すべきものは、汗となって体から失われた水分と糖質です。トレーニング中に摂取しやすいのはスポーツドリンクなど飲み物です。糖質と電解質が含まれたドリンクを口にするのが良いでしょう。

運動後はタンパク質と糖質を摂取します。特に1:3の比率で摂取するのが筋肉増強に良いと言われています。

運動後は筋肉が疲れ切っている状態なので、合わせて必須アミノ酸のロイシンも摂取することでさらに素早く筋肉の回復が見込めます。

運動前、運動中、運動後のどの段階でも共通して摂取したいのが糖質です。

糖質は筋肉を直接増強するわけではありませんが、筋肉のエネルギー源となります。ぜひ積極的に摂取をしていきましょう。

3. 筋トレ後と筋トレ前の両方

3つ目は、筋トレ前と筋トレ後の両方に食事をすることが望ましいということです。

筋トレ前については、空腹でトレーニングを行う避けるべきであることを説明しました。もちろん、必ずしも筋トレの直前に食事をするべきということではありません。空腹でない状態でトレーニングをするのが好ましいのです。

もし食事から時間が経っていれば軽食やプロテインなど軽く口にしてからトレーニングを行います。

また、筋トレ後の食事もとても大切です。

運動後45分以内はタンパク質を摂取するゴールデンタイムと言われていますので、筋肉の修復のためにもぜひ積極的に食事・プロテイン・筋トレサプリを摂取しましょう。

体作りの基本は栄養バランスのとれた食事です。

仮想通貨とはいったい何のことですか?

「仮想通貨」と聞いたことはあるけど、よく分からない方も意外と多いのではないでしょうか?

仮想通貨取引所のbifflyerでは、下記の様に開設されています。

仮想通貨はデジタルな通貨の一種です。インターネットを通じて不特定多数の人や企業の間で物品やサービスの対価として使用でき、また専門の取引所を通じて円やドル、ユーロ、ウォンなどの法定通貨と交換することもできます。

仮想通貨は公開鍵暗号、ハッシュ関数などの暗号技術を利用することで安全性を確保しています。行われた取引はブロックという単位にまとめられ、ブロックの連鎖をブロックチェーンと呼びます。このブロックチェーン技術はほとんどの仮想通貨で用いられており、ブロックチェーン上に保存されているすべての取引データは公開・共有される仕組となっています。

https://bitflyer.com/ja-jp/virtual-currency

2017年4月より執行された『改正資金決済法』では、仮想通貨は下記の通り定義されています。

資金決済に関する法律 第2条 5

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

https://coin.z.com/jp/corp/product/cryptocurrency/

次に、仮想通貨とはいったい何なのか解説していきます。

「仮想通貨」(バーチャル・カレンシー、Virtual Currency)とは、紙幣や硬貨のような実体がなく、インターネット上でやりとりされる電子データのことです。広義の意味では、仮想通貨電子マネー、デジタル通貨なども含まれますが、狭義の仮想通貨は主に「暗号通貨」(Cryptocurrency)のことを指します。

仮想通貨の特徴について

高度な暗号技術をもつ

仮想通貨は高度な暗号技術によって成り立っていて、仮想通貨の取引データはすべて暗号技術でデジタル署名されるので、二重払いや偽造といった問題を防止し、データの正しさを担保することが可能です。

公的管理主体が不在

仮想通貨は日本円や米ドルなどの法定通貨と違い、中央政府や銀行のような公的な管理主体は存在しませんが、その代わりに、仮想通貨ネットワークをネットワークの参加者同士が管理し合うように設計されています。

現在では、ビットコインという仮想通貨で商品やサービスを購入することができる店舗やネットサービスも登場してきており、今後仮想通貨が普及してくることが想定されます。

仮想通貨は、さらに通貨(日本円、ドルなど)と仮想通貨を交換することができ、価格変動によって利益を出していく仮想通貨FXでFXの取引をすることもできます。

これから新しく仮想通貨が生まれてくると思いますが、莫大な値上がり益に期待です。例えば、RaiBlocksという新興の仮想通貨の2017年の上昇率はなんと、2924倍!0.0081ドルから23.9ドルまで2924倍まで高騰しました。

他に、jbcoin仮想通貨という仮想通貨も値上がりが期待できるのではないでしょうか?余裕資金の1万円分購入しておいても良いですし、短期もしくは長期での上昇を狙い、100万円分購入しておいても良いでしょう。

ビットコイン(BTC)と仮想通貨は違いは何?どんなメリットがある?

現在、流通する仮想通貨の中でビットコイン(BTC)は最も流通量が多いことから、ビットコイン(BTC)=仮想通貨と思っている人も多いようです。

しかし、ビットコイン(BTC)と仮想通貨は同義語でなく、通貨というくくりの中に日本円やアメリカドル、ユーロなどが存在するように、ビットコイン(BTC)も仮想通貨の一種に過ぎないのです。

仮想通貨には数多くの種類があり、それぞれがコミュニティによって運用されています。

仮想通貨と電子マネーの違い

ビットコイン(BTC)は、「通貨価値をデジタルデータとして記録したもの」という点では、どちらも同じですが、電子マネーと違います。

電子マネーは各種のプリペイドカードのように、国が発行した通貨をデジタル化したものです。例えば、SuicaやPASMOは、日本円を電子マネー化したICカードです。

一方、ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨は、国や中央銀行によって発行・保証されている通貨とはまったく関係がありません。ビットコイン(BTC)と電子マネーの決定的な違いは、この様になります。

ビットコイン(BTC)のメリットとは?

ビットコイン(BTC)には、さまざまなメリットがあります。

ビットコイン(BTC)の持つ優れた3つのメリットについて、初心者の方にわかりやすくご説明します。

1.手数料がとても安い

送金手数料が格安なのが、ビットコイン(BTC)の利点です。これはビットコイン(BTC)に限ったことではなく、仮想通貨全体にいえることです。

仮想通貨であるビットコイン(BTC)では、運用コストはもちろんかかりますが、現金を扱う銀行とは比較にならないほど安く済みます。そのため、送金手数料も非常に低く抑えることができます。

例えば、10万円を海外へ送金する場合で比較してみると、銀行の場合は為替手数料と送金手数料を合わせて数千円かかりますが、ビットコイン(BTC)でしたら、送金手数料がかかるだけで、数百円で送金できます。仮想通貨には、通貨ごとの特徴があります。ビットコインのほかに、各種機能を備えたサニーコインや取引の高速性や1秒あたりに処理できる回数の多さを備えたリップルなどがあります。

2. 個人間で直接送金が可能

銀行を介する振込では、送金から着金までにタイムラグが発生します。

また、別の銀行に小切手を送ると信用調査のための時間がかかり、海外送金では、数日かかることもあります。

しかし、ビットコイン(BTC)なら、驚くほどスピーディーに送金が完了します。スピードは理論的には10分、実際40分もあれば、相手がどこにいても送金できます。

3. 世界中で同じ通貨を利用可能

例えば、アメリカドルの場合、国内の銀行での手数料は1ドルあたり3円かかります。1,000ドル分を両替した場合、手数料だけで3,000円かかります。海外へ旅行に出掛けるとき、また旅行から帰ってきて現地の通貨を日本円に両替するときのどちらにも、手数料を取られてしまいます。

しかし、ビットコイン(BTC)で支払えば、両替の手数料は要らず、決済手数料のみで済みます。